2005.01.27

眼法について③

眼法について、私の鍛錬方法 その2
ganpou
準備 
 ① 1.5m位離れた壁に、大き目の紙を貼る。
 ② 中心に点を書く。(1cm位のマル)
 ③ その周りに円を書く。(中心から6~7cm位)
 ④ さらにその周りにも、同じように円を書く。(ダーツの的のように)
 ⑤ そしてその円の中に文字や数字を書き込む。(図では3周ですが、もっと多くてもOK)

鍛錬開始
 視野拡大トレーニングと同じように、中心点から視線をはずさないようにして文字を読む。
 ただそれだけ!

 ただし、普通の人は最初の円の文字か、2つ目の円位しか読めないはずです。
 (もちろん、眼球を中心から動かしてはダメ)
 
 なるべく広い範囲の文字が、判別できるようにガンバりましょう。
 
 慣れてくると、広い範囲の文字がいっぺんに読めるようになります。
 
 まさに、コレ をやった時と同じ様な効果が出ます。
 
 お金のある人は、コレ やってみてください。出来ると凄い便利ですよ。

2005.01.13

眼法について②

今日は、眼法について、私の鍛錬方法を公開します。
まず、最も基本の視野拡大法です。

コレが出来ると、相手の動きが良く見えるようになり、
攻防のレベルが上がります。
(動体視力とは関係なく 相手が見えるようになります)

①1~2m離れた壁などに 基準点を決める。

②眼球を動かさずに(基準点を見たまま)
 意識を視界のもっとも端に集中。

③そのまま、意識を右端、左端、上下端などに持っていってください。
 (何度も書くけど眼球は動かさない)

この鍛錬を続けると、ホントに広い範囲が見えるようになります。
相手の全身が視界に入るわけです!!

相手の目を見たまま、蹴りにも対応できるようになります。

次回は、さらにもう一歩進んだ 鍛錬の技 を書きます。次回までがんばって練習しといてください。

余談ですがコレも役に立ってます。マジで!(仕事でやらされた)

2004.12.28

眼法について

眼法についてあらゆる格闘技でもっとも大切なものの一つ 眼法
流派によっては、八方目 平眼 (漢字間違ってる?^^;)とか

実は私、緑内障と言う目の病気を患っていまして、もう10年治療を続けています。
この病気、徐々に視野が欠けていく物で、最悪失明です。
しかも、今の医学では完治は出来ないそうです。しかも両目!
毎日の点眼薬が日課です。(1日9回)

まー本人はなれてしまったので、別に悩んだりもしていません。

しかも、武術のための眼法をやっているために、視野が欠けても検査では現れてこない
ほどです。(実際には片目で見ると、あちこち欠けているのですが)

長くなったので次回、眼法の技 
師匠ぶっちゃんの練習方法載せちゃいます。

お楽しみに!! (多分来年です。 よいお年を) 

2004.11.14

初歩の寸頚 ③

前回からずいぶん日が開いてしまいました。
ごめんなさい
では、
前回、前々回の動作にさらに歩法による威力をプラスしましょう。

① 前回までの動きを 右手 で行う時の打撃方向は 身体真横右側より 
  内側に20度から30度ほどになります。

  そうです。正面ではなく右側に打ち込みます。

② 足は 準足(右手で攻撃のときは右足が前)になります。
  肩幅位、敵方向にひらく
  
③ つま先から敵に向かい半歩踏み込み(右足)
  地に着いたつま先から、踵をひねり前に出す。(90度右を向く形になる)
  と、同時に身体も敵に対して直角になる(横をむく)
  
  解かりずらいので、足の位置だけ図にしました。(着いた所)
asi

  これを、前回の落下中に行う。
  なんか複雑になってきました。

  もちろん実際には流れるようにやってね。^^;

 最終的には、前に書いた裡門頂肘のような形で手を伸ばしている格好になります。

これでさらに、前進力と身体のひねりがくわわります。

威力はかなりのものになっているでしょう。 

今回で、初歩の発勁は終わりです。
ずいぶん間があいてすみませんでした。

初の子育てでパソコンの前に座ることすら出来ないほどおつかれです。^^;
次回はなるべく早くかきます~。
 

2004.10.16

初歩の寸勁 ②

kei今日は初歩の寸勁その2です。^^

今回は沈墜勁のひとつをやってみましょう。

① 壁(敵)に手をつき、肩の高さより手のひら1つ分位下に手を置く
  (壁に対して腕を斜め下向きに手をそえる形になる)

② そのままひざを折り、体を沈める     たったコレだけ!!
  (壁に向かってやると、自分の身体が後ろにはじかれるはずです)

もちろん実際には自分じゃなく、敵(壁)が弾かれなきゃダメです。

これで動く距離は多くて5cm位ですが、威力としては大雑把に言って体重分は
出ているはずです。
しかも、発力の予備動作無しに瞬時に発勁します。

前回の10㎝と 今回の5cmで 15cm 突き込めます。

威力はかな~りアバウトに 前回50Kg 今回50kg(体重50kgとして) 
で 100kgを超えます!!! 鍛えてなくてもこれくらい!!

図も載せたけどわかりづらくてごめんなさい。

今回は ここまで 3回目に続く。。。
 

2004.10.12

初歩の寸勁 ①

 寸勁の打ち方で、一番簡単な物 を紹介します。

 今日は、腕付近の使い方を説明をしま~す。

 寸勁を打つ時、重要な所は 肩 です。 肩、特に肩甲骨付近の使い方です。
伸ばした腕を肩の高さに上げて、肩を前に出す。コレだけ! 簡単でしょ?

 多分、10cm位しか前には出ません。 でも、この筋肉(スジ?)はかなり強力な力を出します。
試しに、腕立て伏せの格好をして、上に誰かに座ってもらいましょう。そして、普通に腕立て伏せを
しろと言ってもかなり辛いですが、この肩だけの上下ならたいていの人が出来ます。

 ぜんぜん鍛えていなくても!

 ついでに肘もほんのちょっと緩めておいて、伸ばすときのほんの数センチもかなり強力です。
肩が使えるようになったら、練習してみましょう。

 簡単な練習方法として、腕立て伏せの恰好で、腕をちょっとだけ曲げて、腕・肩の力でジャンプ。
(そして拍手  パチンと手をたたく)

コレをやっていると、寸勁だけじゃなく、普通のパンチも強力な破壊力をもつのだ。(^^

初歩の寸勁 ② へ つづく
 

2004.10.02

寸勁について

■寸勁(すんけい)
----------------------------------------------------------------------
 接触した瞬間、自分のすべての力を相手にぶつける技の総称。
瓦や板からわずか数センチあけて、手のひらか拳を構え、気合もろとも対象物を破壊する。
武道の達人は最初から手や拳が接触した状態から、気合で対象物を破壊できるという。
接近戦で使う。
----------------------------------------------------------------------

と、どっかのホームページに書いてありましたが。まあ、大体そんな感じだと思います。

接触した瞬間というより 腕が伸びきった状態 や 手や拳からの距離が数センチ で 
全力のパンチなどと 同等の威力を持つ打撃 といったほうがいいかな?

次回は、私が教わった 初級の誰でも出来る寸勁 を紹介しようと思います。


いや~ 最近 子供が生まれまして寝不足のため更新が出来ませんでした。

2004.09.10

裡門頂肘(りもんちょうちゅう)

裡門頂肘(りもんちょうちゅう)
Sep11_0011
大雑把に言うと、裡門とは 敵の内懐 に攻め入る戦闘方で、頂肘は肘打ちです。
一気に体当たりのように、肘を相手めがけて打ち込んでいく  
 
  かっこいい~ 大好き

カウンターは怖いけど、かなり強烈な威力です。(あたれば)

技 的には、右打ちの場合 右足を敵の中心めざしつま先から踏み込み、つま先が付くと同時にかかとをさらに相手側にねじ込みます。
足先からの ねじれ を 腰 肩 そして 放り出すように 肘 につなげる。

ちょっと、ほかの格闘技と違うところは、踵を中心にひねるのではなくて、つま先を中心で踵が前に出ることで、さらに前に加速し、
腰を落とす落下速度もプラスしている 前進ひねり落下 のエネルギーを肘に伝えて打ちます。

接近戦では、その場で回転しながら腰を落としつつ肘を打つ感じです。

弱点は、打ち終わりで腰が落ちていると言うこと。次の動作が大変になるのです。
 でも すきだ~ この技 ^^;

2004.08.19

僕の好きな中国拳法

師匠ぶっちゃんの好きな中国拳法は八極拳である。
あの、SEGAのゲーム バーチャファイター(VF) のアキラが使っていたので有名になった拳法です。

最近では、 まんが エアマスター のなかで出てきます。味のある絵?ですが、格闘技好きな方は面白いかも?僕は好きです。!!

VFの中では 猛虎硬爬山(もうここうはざん)や 鉄山靠(てつざんこう)が使われて有名です。

ゲームの中では、一気に間合いを詰めて 飛び込んでくるイメージですが、実際には接近短打の戦闘法が主です。
八極拳は 漰撼突撃(ほうかんとつげき) 山をも崩し 揺るがす威力 と表現され、常に敵の中心線に打ち込んでゆく勇猛なものです。

その中でも好きな技は 肘 を使った 裡門頂肘(りもんちょうちゅう)です。

コレばっかり練習してます。^^;
そのうち説明をかきますね。 

2013年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事

最近のトラックバック